COMPANY INFO

有限会社 滝田真珠は真珠 三重ブランド 推薦事業者です。

三重ブランドとは?

三重ブランドとは「自然を生かす技術」をコア・コンセプトに
三重ブランド認定委員会の審議を経て知事が認定した認定品、認定事業者です。


-参照:三重ブランドwebサイト-

ライン

三重ブランド認定品

有限会社 滝田真珠は3mmから7mmの真珠製品において、三重ブランド認定を取得しております。三重県のアコヤ真珠は小さいサイズが特に有名です。5mm以下のものですと確実に三重県産になります。

原産地証明書

三重ブランドに該当する製品をお買い上げ頂いた際には、原産地証明書をおつけしております。また、三重ブランドに該当しない製品に関しましても、九州、愛媛産の真珠を、職人の厳しい目で品評し製品に使用しております。 お客様にお喜び頂ける自信が持てる真珠だけを取り扱っております。どうぞご安心してご利用下さい。

滝田真珠は1981年の創業以来、綺麗な真珠を真面目にお客様に届けて参りました。

イメージ

その仕事が評価して頂けたのか、これまでNHKの取材を受け、JRの広告に載せて頂き、また、有名デパートに真珠を卸させて頂くなど、大変光栄な経験をさせて頂きました。

現在でも、遠方のお客様が「滝田真珠で買いたいから」と、わざわざ電車や車にのって、真珠養殖の本場である伊勢志摩まで、真珠を買いに来て下さいます。

イメージ イメージ

もう20年来おつきあいさせて頂いているお祖母様が、お孫様を連れられてご来店されることもございます。
このように永きに渡り信頼して頂けることを、なにより感謝しております。ありがとうございます。

よい真珠はどこでできる?

なぜ伊勢志摩があこや真珠の名産地になったのか?

答えは、御木本幸吉氏が、1893年(明治26年)、現在のミキモト真珠島(鳥羽)において半円真珠の養殖に成功したことにあります。リアス式海岸の穏やかな内海が真珠養殖には最適でした。以来、伊勢志摩地方は、真珠を養殖・加工する技術を切磋琢磨する名産地として発展しました。

その真珠養殖・加工技術は、同じくリアス式海岸を持つ、九州(大分、長崎、熊本)、愛媛に伝播しました。

その結果、伊勢志摩、九州、愛媛が日本における真珠の名産地となったのです。

日本における真珠の名産地

真珠をお値打ちに手に入れるには?

それらの産地で養殖された真珠は、伊勢市(三重)、長崎市(長崎)、宇和島市(愛媛)の真珠入札会おいて、真珠加工業者により入札され、神戸、東京に集まり加工されます。そこからさらに、全国の宝飾業者に卸売りされ、ショーケースに入れられお客さまの元に届きます。これらが一般的な真珠販売のルートです。

一般的なあこや真珠販売のルート

なぜ滝田真珠がお値打ちか?

滝田真珠は、入札・示談によって買付けた真珠を、自社で加工し、各業者に卸販売することを主な仕事として参りました。加えて、ありがたいことに、真珠を購入して頂いたお客さまが、さらにお客さまを紹介してくださるという形で、直接販売も行って参りました。こちらのネットショップでも、

中間マージンを省いたお値打ち価格でお客様に直販させて頂いております。

滝田真珠のルート