Akoya Casual Necklace

3,4,5mmのネックレスに
興味を持って頂きありがとうございます。
幣社、原珠を入札会で仕入れ、自社で加工、ネックレス組みをする、日本でも数少ない、あこや3,4,5mmに強い会社です。



あなたに理想の一本をお届けできるよう
このサイズの特徴と選ぶ際のポイントをまとめました。

目次


まずは7,8mmが定番

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl

3,4,5mmの話にはいる前に
お伝えしたいのが、
やっぱり真珠の定番は7,8mmということです。

冠婚葬祭などでの使用を考えると、
このサイズのほうが汎用性があります。

今回が真珠ネックレス最初の一本ということでしたら
7,8mmからご検討頂くことをオススメ致します。

ベビーパールのサイズ感

ベビーパール、厘珠、呼び名はいろいろありますが
たいてい3mmから5.5mmあたりのサイズのことをさします。

どれくらいのサイズか伝わるように
写真をご用意致しました。

 

 

3.5-4mm

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl, 3.5-4mm, ネックレス


 

4-4.5mm

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl, 4-4.5mm, ネックレス

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl, 4-4.5mm, ネックレス

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl, 4-4.5mm, ネックレス


4.5-5mm

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl, 4.5-5mm, ネックレス

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl, 4.5-5mm, ネックレス

 

5-5.5mm

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl, 5-5.5mm, ネックレス

あこや真珠, Akoya Pearl, アコヤ, 珍珠, baby pearl, 5-5.5mm, ネックレス

 

どのような場面で真珠を身につけるか
身長、体型
今回のお仕立ての目的などにより

ベストなサイズは変わります。

どのあたりのサイズがよいか
どんな服装で、どこにでかけるか
誰とあうか、どんな気分でみにつけたいか

など考えてみていただければ幸いです。

 

真珠の色とあなたの色


高品質の真珠は、真珠層が厚くなってくると
赤、青(銀)の色味を帯びてきます。

(赤味がかった珠の例)

(青味がかった珠の例)



大切なのは真珠の色味と、自分が持つ色味を
あわせることだと私は考えています。

最近ちまたで話題になっているパーソナルカラー、
自分の髪、目、肌などの色味を
タイプわけするという分類法に
イエローベース、ブルーベースという言葉があります。


これらに対応させますと

イエローベースには赤系の珠が
ブルーベースには青系の珠が似合います。

お客様は
ご自身のパーソナルカラーをご存知でしょうか?

もしまだご存知ないようでしたら
簡易的になりますが、以下の色郡から
ご自身が似合うとおもわれる色をお選びください。

・イエローベース
スプリング

 

オータム



・ブルーベース

サマー


ウィンター



印象としては、このようになります。

スプリングは、明るい華やかさわやかな色味
オータムは、落ち着いた、渋い色味
サマーは、色あせた寂しげな色、古着など
ウィンターは、ビビットでモダンでクールな色味

もちろん、人類をたった4-8分類にわけることは
すこし乱暴な分析だとおもいます。

実際にはもっと細かく分かれるのですが
真珠との相性を考える場合には、この4季節

もしくは赤系,青系
どちらが似合うか
教えて頂くだけでもずいぶん助かります。

似合う色目の真珠を身につけますと
顔色がパッと明るく見えます。


・補足


悩まれるようでしたら
パーソナルカラー診断士、
コスメカウンターや美容師さんとこの話題について
話してみるとヒントになるかもしれません。

(診断する方により、診断精度に差がありますが
職業柄把握している可能性が高いです。)

大体の価格

厘珠ネックレスの価格はおおよそ

3.5-4mm 125000円
4-4.5mm 150000円
4.5-5mm 175000円
5-5.5mm 215000円

このようになります。
テリマキキズ形色の程度により上下に
3-5万あたりの幅があるとお考えください。


真珠のネックレスを1本、作るためには、
多くの珠が必要です。

概算ですが、これくらい数がかかります。

3.5-4mm 101個~115個
4-4.5mm 90個~101個
4.5-5mm 81個~90個
5-5.5mm 73個~81個


真珠の品質としては
この3つのものができあがります。
(上から順に希少、高価になります。)

・最高のもの
・テリマキを重視、小傷か変形を許容する
・テリマキが最高に比べ、少し薄い珠


厘珠の相場傾向について

 

以前は、
ベビーパールはここまで高価な商品ではありませんでした。
しかし、過去5年で約5倍の価格になっており、
いまは7mmと変わらない価格帯になっています。


理由は、養殖屋さんの高齢化による生産者の減少
中国で人気がでたための需要増です。

わたしは、購入をあおることなく、
落ち着いて真珠をお求め頂きたいと考えております。

ところが、入札会で養殖屋さんに聞いた話によりますと
今年の入札会にでたベビーは、去年の半分の量。
来年も今年の半分の量、とのことです。

これは2019年に愛媛と伊勢志摩で、
真珠を作るためのあこや貝が大量死したためです。

真珠を作る貝は、約2-3年育てて、
ある程度大きくなったところに核をいれます。

今年は、その核をいれる貝自体が激減、という状況で
真珠を作る作業そのものが難しい状況です。

まとめますと、

志摩地域の過疎化、生産者の高齢化
珠を作るための母貝の減少
中国市場の高品質ベビーパールの人気

これらの理由により
値段の高騰化は
とどまる兆しがみえないというのが正直なところです。

長さ

-価格

長くなるにつれて
必要な真珠の数が多くなり
価格もあがります

60cmで1.5倍
80cmで2倍と計算いただければ
大体いくらになるかわかると思います。

 

-似合う長さ

ネックレスの長さは
1cm単位で調整して制作できます。

首の細さは個人差があり
少しの調整で、おさまりが大きく変わります。

面倒なのは承知しておりますが
このひと手間が、あなたの一本をつくるとおもって
ぜひ紐で数センチの調整を行って頂きたいです。

□ほそい紐を用意し
□鏡の前に立ち
□理想の長さを見つけて頂きたいです。

よくご注文がある長さ(クラスプ金具含む)
はこちらになります。


短め(約38cm)

首元にぴったり着けたい場合にオススメの長さ

 

4-4.5mm 38cm + 7-7.5mm 43cm

 

標準(約43cm)

3.5-4mm


60cm

4.5-5mm 63cm


80cm

3.5-4mm 80cm

 

 

83cm

2連に巻きたい場合、83cmで作った方が
首元にゆとりができます。

 

5-5.5mm 80cm

 

まとめ



たくさん話しましたが
選択肢はシンプルです。


---ここから----


・サイズ
3.5-4mm
4-4.5mm
4.5-5mm
5-5.5mm

・おおよその長さ
38cm
43cm
60cm
80cm
その他
(細かい長さ調整は後ほどで結構です。
おおよそ、どの長さが候補かご教示ください)

・品質
最高のもの
テリマキを重視、小傷か変形を許容する
テリマキが最高に比べ、少し薄い珠


---ここまで----
↑こちらを教えて頂ければ幸いです。

何卒よろしくお願い致します。


↓以下の事柄は、出来上がりまでに
ゆっくり検討していただければ幸いです。

・色味は
イエローベース
ブルーベース

(わかればパーソナルカラーも)

 

あなたにぴったりな一本をお届けできるよう
最善を尽くしますので何卒よろしくお願い致します。